水素水 セブンウォーター 口コミ

セブンウォーター水素水7.0ppmは口コミと全然違うので要注意!

hatena

 

水素水って効果なしなのか?

 

それとも水素水商品の中には効果なしなものがあるのでしょうか?

 

巷の口コミでは、色々な話が飛び交っている水素水の効果なし情報ですが、実際には後者の意見が正解なのではないかと私は思っています。

 

こう思っている理由としては、消費者の口コミってのは重宝していますが、効果があるか効果なしなのかは人によって変わってくると思うからです。

 

では、だれの口コミ情報を信じればいいのか?

 

それは、私が思うにはその道のプロだと思います。

 

そういった考え方から、私は水素水の研究をされている日本医科大学の太田教授の書籍や水素水関連の書籍を読んで、自分にあった水素水を探しました。

 

色々な水素水を飲みましたが、最終的に落ち着いたのがクオシアのセブンウォーター水素水です。

 

こちらのセブンウォーター水素水は、他の水素水よりもずば抜けて水素濃度が濃いってことと、その割に価格がほかの水素水よりも低価格ってことで選びました。

 

ただ安いだけで、水素があまり入っていないものを選ぶのは嫌でしたが、セブンウォーターの場合は業界でNO1高濃度水素水なのにもかかわらず、業界で最安値だったのです。

 

では、なぜセブンウォーター水素水は業界で一番高濃度な水素水なのに価格が安いのか?

 

従来のアルミパウチ水素水はアルミパウチの容器に水素を充填して販売されているので、届いたらすぐに飲むことができます。しかしデメリットとしては時間の経過と共に一番大切な水素が抜けてしまう恐れがあるってことです。

 

しかし、セブンウォーターは水素水をつくるキットでの販売なので、飲む前に自分で水素水を作る仕様になっています。これにより飲む時に水素が抜けている心配がないのがメリットです。

 

また従来のアルミパウチ水素水の平均水素濃度が1.6ppm前後なのに対して、セブンウォーター水素水は最大で7.0ppmの水素水を作ることができます。

 

水素が抜ける恐れがないだけでも十分選ぶ価値がありますが、その上デフォルトの水素濃度がここまでセブンウォーターのが高いのです。